過去記事一覧

TOP

20年ほど前、消費者金融は、世間から「サラ金」といわれていました。

20年ほど前は、消費者金融のことを「サラ金」と言っていました。「サラ金」というのは、サラリーマン金融を略したもので、消費者金融がサラリーマンをお客にしている金融業者、であるがゆえに「サラ金」と言われていました。当時は、高金利でお金を貸す事実もあって、世間からすれば印象は悪いものでした。この時代のあまりよくない印象をしてしまう昭和の世代を基準にして見ると、当時とは違う、最近の消費者金融の変化には、ビックリすることでしょう。今では、「銀行」と経営を連携するようになり、世間からの信用度は比べ物にならないくらい増してきました。利用者が増え安定したことで金利についても銀行のような低金利としている金融業者も少なくありません。おまけに、審査も緩めで、即日融資もバッチリ扱ってくれるます。ですから、お金を急に必要とするときには、銀行なんかよりも「消費者金融」のほうが頼りやすいといった場面も増えっつあります。

過去記事一覧