過去記事一覧

TOP

お金に困窮した時、それが少なかったとしても友人や知人など…

お財布がピンチの時、その額が少なかったとしても知人や友人などの近しい人からお金を借りた場合は、下手をするとそれまでの友好な関係が終わってしまう、なんておそれがあるので注意が必要です。これは、自分が貸してあげるほうになった場合であっても同じです。したがって、自分自身がその立場に立たされた場合には、少々、そういう意味での覚悟は必要だと思います。一般的に自分のお金を他の人に貸したい、なんて人はいないでしょう。それまでの関係があるからと言って約束した通り貸したお金が返済が確実、という保証なんてありません。それに、金融業者のように利息を付けて貸し出たりもしないので、リスクはあっても、メリットといえるものがありません。この先あなたが、お金のことで迷惑をかけないためには、キャッシングサービスを利用しておくほうがおすすめです。最近では昔より低金利なサービスも増えており、借りやすい環境になっています。

過去記事一覧